九品仏のおしゃれなベーカリー コムンと熊野神社2月の御朱印

スポンサーリンク
グルメ

今月も自由が丘・熊野神社に月参り。

帰り道、九品仏の駅近くにオープンしていたおしゃれなパン屋さん『Comme’N』(コムン)でパンを買ってみました。

スポンサーリンク

熊野神社2月の御朱印

熊野神社2月の御朱印

今月、2月1日はお朔日参りが叶いました!

『一日』という日付は嬉しいものですし、一日にお参りをし、前の月のご加護の感謝をすると神様からよりいっそう目をかけていただける、といわれています。

柊(ひいらぎ)と富士山のスタンプ。御朱印部分は昨年の9月から楕円形の「田畑鎮守・熊野神社」になっています。

翌日は節分。自由が丘・熊野神社では毎年節分には豆まきを行っているそうです。でも今年は緊急事態宣言中ということで、見合わせになりました。

来年の節分は2月3日木曜日、コロナが終息していてもお仕事の日ですから、来年もお預けです。いつか参加してみたいな~。

節分が明けると気分は一気にバレンタイン。この後は近所のショコラティエをパトロールしてみよう。
…そうそう昨年オープンしていたオシャレなパン屋さんにも寄ってみよう!

2020年8月オープン Comme’N / コムン

2020年8月オープン Comme'N / コムン

九品仏駅の近くにオープンしたおしゃれな雰囲気ただようパン屋さん。

九品仏には浄真寺にお参りに行ったり、愛するコンビニ、ナチュラル・ローソンがあるのでたまにふらりと買い物に出かけるんですが、このコムン、いつもずら~っと行列していてなかなか入店する機会が見つからず、8月のオープンから半年を経てやっと入ることができました。

2020年8月オープン Comme'N / コムン

だって入るからにはじっくり品定めして、こうして写真も撮りたいですもんね。外観のおしゃれさと比例して、店内も洗練されていてステキ。異国の街のパン屋さんみたいです。

2020年8月オープン Comme'N / コムン

この日は割と空いていたので、お断りしたうえで写真を撮らせていただきました。

バゲットをはじめ、ハード系のパンが多い印象。尋ねると、やはりスペシャリテはバゲットとのこと。パンドミも自信があるそうです。

スイーツ系のパンも並んでいましたが、甘いパンはあまり好みではないので、ワインに合いそうなナッツやオリーブのパンを買ってみました。

2020年8月オープン Comme'N / コムン

真中のくねっとしたパンがナッツ入り、手前の楕円のパンがオリーブ入り。細長い形状のパンは…うっかり忘れてしまいましたが、たしか黒コショウのバゲットだったような。

2020年8月オープン Comme'N / コムン

ある日のランチにオリーブのパンをいただいてみました。

見た目のハードな印象と違って、ふんわりとした食感と、モチっと感があります。お昼だったので控えましたが、ワインに合うのは間違いないやつです。

さらに後日買ってみた、フランス産の発酵A.O.Pバターを練りこんだクロワッサン。
バターの風味がきいていて、サクサクでした。

ちなみにこちらの記事では、コムンの発酵バタークロワッサンはじめ、自由が丘・九品仏の美味しいクロワッサンをご紹介しています。

コムンのオーナーシェフは世界チャンピオン

こちらのオーナー・シェフは大澤秀一さんという、高崎のベーカリーのお家に生まれた方だそうです。
幼いころからパンが身近にある環境に育ち、自ずとパン作りの道へ進んだそう。

2012年から、神戸の「Ca marche」西川功晃シェフに師事。その後、高崎へ戻りコムンを立ち上げたそうです。なんと当初はプレハブ小屋だったそうです。

そのような環境の中、2019年の「モンディアル・デュ・パン」という世界大会に日本代表として出場し、6部門中、3部門を制し、日本人初の総合優勝を果たしました。

世界チャンピオンのお店が近くにあるなんて嬉しい!行列もできるはずですね。

店名のComme’Nとは、フランス語で「○○の、ように」のCommeと、敬愛する師匠・西川シェフの「N」を取って名付けたそうです。

コムンはオープンキッチンスタイル

2020年8月オープン Comme'N / コムン

このお店の面白いところはもうひとつ、オープンキッチンになっているところ。とはいってもショーケースがあるのでそんなによく見えないんですけど、店内に活気と躍動感があって楽しいんですよね。スタッフの方たちも明るくて親切ですし。

購入システムは最近流行りの、自分でピックアップするんではなくお店の方に取っていただくスタイル。同じ惣菜パンでも具の乗り方がちょっと違いますよね?

あ、そのいっぱい具が乗っているやつ!
なんていう感じで指名買いしてみました。

2020年8月オープン Comme'N / コムン

レジ前に置いてあったお店のパンフ。
そしてその隣には何やら小さなクリップ状の物。裏には店舗情報が記載されているんですが、これはパンの袋を留めるクリップになっているそうです。

こういう洗練された素敵なアイデアには小さな感動を覚えます!
オーナーシェフのアイデア?それとも敏腕プロデューサーの存在が??

こういうひらめきに飢えているのでついつい目に留まってしまいます。脱帽。

コムン グルテンフリー オープン

ここから2022年5月追記です。

コムン グルテンフリー オープン

ある朝、九品仏浄真寺にお散歩に行くと、コムンのはす向かいに小さなお店ができている。
よーく見ると、「Comme’N GLUTEN FREE」というサイン。

コムン グルテンフリー オープン

オーナーシェフの大澤さんが、「小麦アレルギーの人たちでも食べられる美味しいパンを作りたい」という思いから新たに作った業態、完全グルテンフリーの専門店でした。

間口の狭いコンパクトなお店ですが、サンドイッチやあんぱん、クリームパンなど、普通のパン屋さんに並ぶパン達が、全てグルテンフリーでできている、というこだわり。コムンのスペシャリテである、パンドミもグルテンフリーだそうです。

レジのかたわらには、リゾットやスムージーも。

コムン グルテンフリー オープン

今回はコーンのパンと、ミルクフランスを購入。

コムン グルテンフリー オープン
コムン グルテンフリー オープン

グルテンフリーのパンは、電子レンジでラップがふわっとなるまで温めて食べると美味しいそうですよ。私は魚焼きグリルでリベイク、そのせいかちょっと生地がかたく感じました。

食べきれそうになかったので見合わせましたが、オーダーメイドで作ってくれるサンドイッチが美味しそうです!

サンドイッチのメニューには、「たまごサンド」、「ホットドッグ」、そしてマリネやポテサラをサンドした「サンドイッチ」があります。まず具を選んで、4種類のパン生地の中からパンを選び、ソースと味つけを選ぶ、というスタイルのようです。

その中身は全てグルテンフリー。ホットドッグのソーセージまで、完全グルテンフリーなんだそうです。小麦アレルギーの方に、ぜひ教えてあげてくださいね!

そして「ラスク」も購入。おやつに少しずついただこうと思っていましたが、急遽人に会う用事ができたので手土産に格上げ。

後日、「美味しかった」と感想をいただきました。また買いに行かなきゃ♪

コムン グルテンフリー オープン

いまだに行列することが多い、人気のパン屋さんですが、平日の午後は比較的空いているみたいですよ。

自由が丘の駅から少し離れますが、徒歩10分くらいです。大井町線なら九品仏で下車してすぐ。世界一のパンを食べに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

MEMO

Comme’N

世田谷区奥沢7-18-5
営業時間:AM7:00-18:00
火・水定休日

【公式サイト】Comme’N | コム・ン

コメント