自由が丘・熊野神社 8月の御朱印と自由が丘横丁の謎の鳥居の正体

スポンサーリンク
パワースポット

今月も月参り。

自由が丘・熊野神社はちょっとバージョンアップしてましたよ。

スポンサーリンク

自由が丘・熊野神社8月の御朱印

自由が丘・熊野神社8月の御朱印

今年の8月1日は日曜日。

お朔日参りができたにもかかわらず、確か暑すぎて部屋に籠っていました。
だって今年の夏は特に暑さがキビシイ気がしませんか?

ここ数カ月、自由が丘・熊野神社は月曜には社務所を閉めることになっていて、
それをうっかり忘れて2日にお参りしたら、御朱印も書置きのみになっていました。

葉月。

新暦では9月上旬から10月上旬の葉が落ちる時期にあたるため、葉の落ちる月の意味で
「葉月」。

北方から雁が初めて来る月なので「初来月」→「初月」がさらに転じて「葉月」。

稲の穂が張る月「穂張り月」→「張り月」がさらに転じて「葉月」、
など諸説あるようですね。

左下には波とヒトデが描かれ海を、右上には麦藁帽とビーチサンダル!
今月は特に可愛い出来です♡

ちょっと進化していた熊野神社の境内

御手水前の鳥居の辺り、なんだか涼しい。

よく見ると霧のようなものがもやもやと…

ちょっと進化していた熊野神社の境内

見上げると、木と木にしめ縄のようなものが渡され、そこから水が噴霧されてる!

暑さ対策の心づくしでしょうか、境内は木々に囲まれているため涼しいものですが、
さらに涼を感じることができました。

境内には小さな花が所々に…

たくさん咲き乱れてる!

というわけではなく、足元をよく見ると、という感じで小さなお花の植栽が所々に。

境内には小さな花が所々に…
境内には小さな花が所々に…
境内には小さな花が所々に…
境内には小さな花が所々に…

この子たちをどうやったら綺麗に写せるか…

とあーでもない、こーでもない、とやっているだけで
十分楽しめました。

自由が丘横丁近くの謎の鳥居の正体がやっとわかった!

自由が丘横丁近くの謎の鳥居の正体がやっとわかった!

自由が丘横丁の辺りを歩いたことがある人は、こんな鳥居が建っていることはご存知ですね。

自由が丘に越してきて以来、ずっとこの近辺にはお稲荷さんがあるんだろう、
とこの辺りに立ち寄る度に付近を探していましたが見当たらない。

熊野神社の境内に隣接しているお稲荷さんの鳥居がこんなところにあるんだな、
と思っていたら違うらしい。

実は1934年・昭和9年に赤坂の豊川稲荷東京別院から分霊された稲荷社が存在したようです。

1958年・昭和33年までは毎月1日、11日、21日に縁日が開かれていたそうですが、
交通量が増えて危険なため、中断されたそうです。

2008年・平成20年までは社殿が残っていたそうですが、今は鳥居だけが残されているそうです。

自分の中では自由が丘の7不思議!(あと6つは特に思い浮かばない)
と思っていたことだったので、なんだかすっきりしたような、謎が解けて
ちょっと面白くないような複雑な心境です。

それにしてもお稲荷さんを動かすなんて、勇気あるな~。

かつて社殿があった場所は、今は自由が丘横丁のトイレの辺りだそうです。

コメント